2016年 行ってよかったところ

今年いってよかったなというところを何個か書いた。別にランキングではない。何個書くとかも自由だ。一度書いて書き足してるかもしれないし、丸ごとどこか消してるかもしれない。それも自由。

青森駅周辺 晩夏

青森は駅チカ観光地が密集してて、実は全然回り切れなかった。自分は青森駅のすぐ近くに泊まって青森県立美術館三内丸山遺跡に行った。先に三内丸山に行ったところ、ロッカーがタダで(これは青森県立美術館もなんだけど、ロッカーに入りきらない荷物も預かってくれるのが三内丸山)すごく助かった。というのももともと別の用事があってかなり荷物を持っていたので。んで三内丸山遺跡。お土産が充実してて、ハニワ作るセットとかを一通り買って帰った。その場で作るコーナーもあって、人もいて教えてくれるみたいだったんだけど、時間がなかったので今回はサクッと美術館に移動。美術館は奈良美智の展示目当てでなんとなく行ったんだけど、わしの好きなシャガールの超巨大な絵があった。絵って言ってもオペラ?とかの幕なんだけど、もうそれがめちゃ良かった。いやーあれだけでも言った買いがある。ほかにももちろん奈良美智の絵とか、あとは、写真の展示で三陸の写真をらせん状に配置してて、それなんかの賞をとってすごく有名なやつなんだけど、それが展示されてあったのでびっくりした。思い出した、志賀理江子さんの螺旋海岸というやつです。良かったですね。青森県立美術館。実は相米 慎二さんの映画特集やってて、台風クラブも見たし、トークショーも見た。セーラー服と機関銃でエレベータのシーンが後ろからなのは、死んだ父親の目線から見てるからなんですって!へえぇ。近くに住みたい。

あとは晩御飯でアウガ青森という集合施設の地下にある居酒屋になんとなく入ったら津軽三味線コンサートやってて、めちゃくちゃ良かった。人間椅子のワジーが津軽三味線のテクはやばい、みたいなのを常々言ってるのを見たけど、耳で理解した。

結構頑張って回ったんだけど1日じゃやっぱり全然回れなくて、それこそ棟方志功美術館にも行けてないし、寺山修司の博物館にも行けてないし、恐山も行ってないし、青森駅の近くの道の駅みたいなのも行ってない。すげーきれいな赤い建物があって(ワ・ラッセ)これが夜見るとめちゃくちゃきれいなの。まあ夜で閉まってて仲間で見れなかったんだけど。でもすごくよい建築物だった。まだまだあるな。

逆に函館は見るところがなくて(ラッキーピエロというハンバーガー屋以外何も良くなかった)持て余したので正直旅程を函館は切り捨てて青森をたっぷり回るべきだった。完全にミスった。くっそ~、何がデスティネーションキャンペーンじゃ!!北海道まで新幹線で行くのは相当良かったけどね(飛行機が苦手)。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160917134640j:plain

東山動植物園(名古屋) 春休み

京都の時から合わせると何度か通ってるんだけど、久しぶりに行ったかも。

最高に変わりもんだらけのマレーグマファミリー(マー君、マーコさん、マーチンくん、そしてマーネちゃん)がいたり、まだまだ小ゾウさんのサクラちゃん、そしてウォンバットのウォレス君。イケメンゴリラだけじゃない、ここは本当に最高のプレイス。今年は特にマーネちゃんが生まれたてて、本当に愛くるしかった。下の写真を見てください。母・マーコさんがマーネちゃんを驚かしています。マーネちゃんの驚きっぷり、最高ですね。「ナニスンノヨ!!」って全力で驚いてますね。この子熊はこの後マーコさんをぶん殴っていました。かわいいですね。もうだいぶ大きいらしいです。元気に大きく育ってくれてうれしいですね。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160319102607j:plain

大きな鳥舎もあって、体育館のようなあけっぴろげの空間の中に鳥がいっぱい放たれてる。人と鳥の間にも仕切りのガラスがなくて、結構近づいてきたりする。これも最高。池があってボート漕いでる人もいるし、動植物園なので、植物園もあるし、なぜか小さな遊園地もあるのでパラダイス。鳥インフルエンザで大変だと思いますが、東山動植物園の関係者の皆様と動物の皆様は本当にお体にお気を付けください。

谷川岳(群馬) 夏

初めて山で一泊した。昼間は想像以上に暑くて、水が足りなくなった。テントを持ってきてくれた友人に設営をお願いして、水源がある朝日岳へ山道を走った。走れば往復2時間半程度で日が沈む前に戻れる計算。友人がいる峰から、さらに2つ峰を超えると、まだ全然明るいんだけど、時間は夕方が近くなってきて本当に誰もいない。風にこすれる草の音だけ。周りを見たことがないぐらい無数の赤トンボが飛んでいるし。山では秋がどんどん迫ってるんだなあって思うのと、走ってるとどんどんハイになって。誰もいないし、景色はいいし、天国みたいだった。日が暮れる前に無事にテントに戻れた。テントを買ってまた山に行こうと思う。今度は朝日岳に泊まるぞ!

f:id:kokkaikiseidoumei:20160811162126j:plain

高知市内 初秋

高知のしないに住んでいる友人に案内してもらった。完璧なルートだったので、これは一日で満喫するのにおすすめ。

 はりまや橋→せいろ屋→ひろめ市場→日曜市→高知城→牧野植物園

ガッカリ観光地で有名なはりまや橋からスタートする。高知駅から徒歩ですぐなので、がっかりした、と言ったところでそれに当たる労力は大変少ないと思うんだけど。富士山の山頂がガスって初日の出が見れなかった、ぐらいならガッカリしたって言っていいと思う、というのだとこれはこれでハードルが高すぎるけど。まあ、わざわざ観光名所と名乗るほどのモンではないよな、と見るたびに思う。ただ待ち合わせ場所としてのポテンシャルは高い。高知駅からすぐだし、駅前でレンタカー屋も近いし、メインストリートの横なので路面電車の駅もすぐ横にある。なので、ここで待ち合わせしてスタートで良かろう。

次のせいろ屋はウナギのお店で、高知は高知空港のすぐ近くに「かいだや」という超有名店があって、そこに行くとすげー並ぶので時間がもったいない。「せいろ屋と大して変わらん」という意見も聞いたことがあったりなかったりして、ここに行った。ひろめ市場の横というアクセス良さに加えて、ウマくてマジでよかった。んで食後はひろめ市場に行って(土産屋と飲み屋がひしめき合ってて、昼からみんな飲んでる。カツオのたたきとか作ってたりする。)、ここを冷やかしてすぐ出ると、その日は日曜日なので日曜市をやっていた。日曜市やってるのをサーっと横目で見ながら(意外と文旦とかは市でも高いけど、本当にうまいので一度食べたほうが良いかも)高知城に行く。日曜市の街道がそのまま高知城に続いているので、迷わない。高知城は意外と立派で、何度も高地に行ってるのに実は存在を知らなかったけど、確かに功名が辻って最後高知だったなと思い出したりした。まだ時間があったので、牧野植物園に足を延ばした。牧野植物園は駅から少し離れているけど、割合バスですぐ着く。1日かけて全部見るぐらい広い植物園なので、全然時間が足りなくなった。横にはお遍路さんの札所になってる寺があったりしたんだけど、見逃した。

こんな感じで、高知を一日で割合ザクッと観光して回れたので、高知は結構よかった。

f:id:kokkaikiseidoumei:20161030153303j:plain

生の土佐弁が染みるぜ(牧野植物園)

国連バーモント州(アメリカ) 2月 

体壊して土建屋の仕事やめて(ブラック企業はくたばれ)、実家で療養というかゴロゴロしてたんだけど、退職時の貯金20万ぐらいは手に着けずに残ってた。でもそういう企業にいたときの金をいつまでもアリガタクとっとくなんて全くよくない、というか気分が悪いと思ったので使い切るぞ!ということでアメリカに行ってきた。2月は航空券が底値で、航空券が往復8万ぐらいでとれた。もうちょい安かった気もする。7万だっけ。忘れた。あとは5月のゴールデンウィーク明けも安いらしい。その前に法事かなんかで久々に飛行機乗ったときに乱気流突っ込んで完全に過呼吸起こしたので、飛行機用の安心になるシャブをもらってから乗った。

バーモント州に友人がいたので、そこを訪ねてスキーするのがメインという予定にして、その前にニューヨークとボストンに寄った。面倒くさいので、詳しくは前に書いたのを見てちょんまげ。

国連の話。全く個人的な話なんだけど。国連のゲート近くでごっつい黒人の警備員のおじさん?お兄さん?に「国連に入りたいんだけどどこにエントランスがあるの?」と聞いたら「お国は?」って聞かれてパスポート見せたら「ワオ、オマエ、コレ、広島って書いてアンジジャン」って言われて、親切に教えてもらった。何も考えずに行ったけど(中略)行ってよかったと思う。

バーモント州はスキーと地ビールのメッカで、しかも豊富なリンゴとメープルの生産。バーモントカレーが甘いのはバーモントだからというのが理解できましたね(バーモントでカレーは名物ではない)。あとはチーズも有名。すごく細かく種類分けされたチーズを試食させてくれたんだけど全然違いがわからなくてびっくりしたので、結局お店の人が好きなやつを1つ、友人のおすすめを2つ買って帰った。しかも元ヒッピーだらけの土地柄で文化レベルが高くて、飲食店とかに結構ふつうに写真やら絵やらが飾ってある。あと、スキー場がめちゃくちゃ広くて、1回リフト乗るだけでとんでもないぐらい山の上まで運んでくれる。だから降りる距離がすごく長くて、1日で5回ぐらいリフトにしか乗らなかった。雪もふわふわで、なんかすげーいい感じで。ただマイナス20度でスキーしてたもんだから、右足小指の感覚がそのあと2か月ぐらいなかった。靴下とかも気を付けないといけない。本気で住みたいと思った。青森と悩むぐらい。

まとめ

珍しく海外がリストアップされました。飛行機に乗れたんですね。思い切ったことをしたもんだ。20万は使い終わって貯金は常に3万ぐらいで超低空飛行です。来年の現場は7日からいきなりあるので、楽しみですね。飛行機を強要されました。飛行機用安心シャブが残っていたか見ておかないと。住むなら青森かバーモントとか書いたけど、寒いの得意じゃないから絶対住まないけどね。水が氷る世界に住むとかアリエン。まるで彼らはエイリアン。来年も例年通り波乱になりそうです。