読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紀行 6月

なんにせよ今年の梅雨というのはやる気がなくて、おかげでお出かけしやすい天気が続いたと思う。逆に夏も今のところは比較的涼しくて、なんかお百姓さんたちというのは、梅雨は大雨、夏は酷暑を当てにしてプロジェクトを立てたりしてるはずなので今年は大丈夫なんだろうかなあと心配に思う。また、やたら桃が安くてコレをむしゃむしゃ食べてるんだけど、安い割にたっぷり甘くて美味しいので、これもお百姓さんたちが儲かってるか心配である。お出かけしやすい、とは言ったもののヤハリ遠出して大雨だったりするとガン萎えなので、やっぱりそんなに紀行というほどは出かけなかった。

横浜

三渓園:ホタル、菖蒲

なんか三渓園が良いというのを人に聞いて、んで調べたらちょうどホタルの季節とか言うのがあって(これ先月の紀行にも書いた気がしてきた)、んでホタルを見に行ってきた。横浜にこんな広い日本庭園があるのか!と驚くかとおもいきや、暗くて全然わからなかったので今度昼間に行く必要がある。結構近くにあったステーキハウスがいい匂いすぎて絶対入りたい。ホタルは結構飛んでて、結構良かったんだけど、菖蒲もバリバリに花が咲いてて、これも良かった。やっぱ昼間に今度来ようと思う。書き終わって確認したら、これやっぱ6月。よかったー。ホタルは一眼で長時間露光みたいなのをやらんと多分撮れないので、撮れませんでした。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160604202003j:plain

大磯

大磯海岸:アオバト

アオバトっていうのがいるって言うのをダーウィンが来た!っていう最高の番組でやってて(この前モジャモジャの奥さんが出てきてビビった)、この海水をゴクゴク飲むかわいい青い鳩を見たいなあ〜って思ってて、調べててちょうど梅雨明けの時期に現れるって言うのを小耳に挟んでいたので、梅雨明けじゃなかったんだけど、梅雨明けと勘違いした時期に行ってみたら結構なアオバトが海岸に飛来しててゴクゴク海水を飲んでる姿を見ることができた。彼らも梅雨明けを勘違いしたのかも。しかし可愛いなあ。アオバト。この海岸に来る前は京都御所で過ごしているらしくて、なんか結構身近なところにいるなあって思いました(私がヤンゴトナイ感じな人間なのではなくて、御所の近くに住んでたこともアルっていう過去にまつわるエトセトラ)。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160626151753j:plain

渚でかけてこ!

東京

陣馬山ー高尾山縦走、高尾山ビアガーデン

陣馬山から高尾山って、縦走初心者にピッタリ!みたいなの書いてあるんだけど結構シンドくて、っていうのはゴールにビアガーデン!と思ったら結構水分をセーブしたり、食い物をセーブしたりしちゃったりなんかして、結局自分で自分を追い詰めるような登山をしてしまった気がする。それと予想以上に気温が高くて、それも重なった感じ。いやー、なんか今までの登山でトップ3に入るぐらいで、マジでしんどかった。高尾山も、なめたらアカンぜ。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160618123125j:plain

上野

ポンピドゥーセンター展

あのシャガールの夫婦で肩車してる絵がすげー好きで、これは今年絶対行こうと思っていたから、初日じゃないけど割とすぐに突撃してきた。昔見た時はもっと大きい絵だと思ったんだけど、小学生の時に見た時とはだいぶ印象が違うなあと思った。見れてよかった。これからも日本に来るたびに見に行こうと思った。あとは重量挙げしてる絵とかも良くて、全体に本当に展示が良くて見やすくて、なんかサイコーだなあと思った。リサとガスパールとのコラボのグッズが結構可愛くてよかった。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160725214938j:plain

上野の文化会館の前の彫像がやたら美しく見えた日があったので、写真を撮っといたんだけど、これはヤハリ良い。

群馬

友人の家

友人に子供がめでたく生まれて、本当にめでたかったので友人たちとみんなで見に行ってお祝いを渡してきたし、抱っこさせてもらってきた。生まれたての赤ん坊はフワフワだし、友人たちと久々に会えるし、日帰りでいくには遠いなあと思ったんだけど、最高だった。群馬名物爆弾ハンバーグはうまいし、最高のエンタメだぜ。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160725215324j:plain

 

遠出しても良かったなあ、とも思うんだけど、今月は今月で良く出かけて充実していたと思う。

これから上野公園が一番良い時期になる。夏休みに入った家族連れが博物館や科学館、動物園に連れ立って行ったり、トーハクの前にはアイスキャンデー売りが登場したり、夕暮れはザブザブ噴水が暗い中で音を立てていたり。少し足を伸ばして谷中に行って、暑さを逃れて喫茶店に入ったり。とにかくやりたい放題に楽しめるこの時期の上野が一番好きだ。なるべく通いたいって思うと気ぜわしくなるので、なんとなくフラッと寄れそうなときは寄りたいなあ、という感じ。

 

アホウドリはおとなしい。だからこの名がついたとすると、これは少し悲しい。善良と暗愚を混同してはいけない。(池澤夏樹