真冬 アメリカ東海岸旅行

ワオー!10日間(移動時間込)ほどアメリカ行ってた。まとまった金と時間、サイコー。今、世界で俺が一番暇人。0になにかけても0。無職。声に出して読みたい日本語。般若心経にも無色~なんとか~ってあった気がする。金は前の会社からようやくもらえた半年ぐらい前の給料で?マジで?今ごろ?でも本当にもらえてよかったですね。ニューヨーク、バーモント、ボストンに行ってきた。結果から言うとバーモントがサイコー。でもー20℃前後の世界で遊んでたら凍傷になりかけた。右足の小指の感覚がまだちょっと戻ってきてない。戻ってきてほしい。「お願いだから部屋から出てきて。今ならまだ間に合うから。母より」。バーモントはニューヨークの北のほうにある。詳細は後述。文章は既読の通り糞なので、写真だけでも見てほしい。写真も糞だけど多分「オー外国!」ってぐらいには役に立つ気がする。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160212093915j:plain

ニューヨーク。ミュージカル見たかったんだけど、オペラが1回$30とかで見れたので、ミュージカルはやめにして、2日連続でオペラ見てた。ミュージカルは昼間にTKTSというところに行くと安いチケットが買えたりするらしい。地球の歩き方を見たらそういうのは詳しい。あとはドミトリーの人に教えてもらったんだけど、ここのbroadway directというページで抽選格安チケットがあるので、見たい日の前日までに抽選(ロッテリーと言っていた)に申し込んだりすると、当たれば半額ぐらいで見れる。元の価格が安い昼公演(マチネとか言ってた)をやってるのが確か水曜日と土曜日らしくて、そこは押さえておきたかった。反省。やっぱりミュージカルも見たかったな。でも、オペラも音楽は生演奏だし、かなりの満足度があった。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160210084016j:plain

オペラは夜。ドレスコードがあるとかでビビって、ジャケットだけ持って行ったんだけど、最安のファミリー席なら、ジーンズでスニーカーでも普通っていうか、すんげ普段着の人ばっかりで、結構そこら辺は緩い感じだった。人生で初めて日常でジャケット着たわ…。チケットもぎりのオジサンにグッドイブニングって言われる。マジカッケー。ただし結構本気のフォーマルなやつを着てる人も多かった感じ。昼間にはMoMAとか、メトロポリタン美術館とか、自然史博物館に行った。真冬で、外は本当に寒かったから、室内が良い。ただ、クリスマス商戦とかの後だし、一年を通して寒さのピークでもあって、1・2月のアメリカの東海岸旅行は年間でも底値だし、どこも空いててなかなか回りやすい。寒くてもブルックリン橋とかには行ってみた。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160211233625j:plain

自然史博物館は結構展示がしょぼくて行く必要はなかったかなーって思った。メトロポリタンは良かったんだけど広すぎて疲れて最後はイライラした。この2つは、寄付で成り立ってるので、入り口で1ドルしか払わないって力強く言えば1ドルで入れる。これをよく知らなくて、メトロポリタンで40ドルわたしたら全額とられて泣いた。おつりをもらう予定だったのに。MoMAが一番よかった。f:id:kokkaikiseidoumei:20160220085313j:plainしかし一人旅に向かねえなあニューヨークは。昼飯(そんなにうまくない)を食ったらお腹いっぱいになりすぎて晩飯は食えない。滞在を2日ぐらいにしとけばよかった。そういえばブックオフがあったので行ってきた。漫画トロピークで個人寄稿で詳細書こうかなとも思うけど、たいした内容にはなりそうもないみたい。

 

バーモント。チーズ、メープルシロップ、リンゴ、地ビールが有名で、要するに食い物が最高にうまい。ハウスバーモントカレーは、リンゴ押しなのは、こういう訳みたい。あとはメープルミルクという、牛乳にメープルシロップを混ぜた飲み物をがヤバくて、家に帰ってきてからも真似してみてるんだけど、現地のウマさに全く匹敵しないので本当に悔しい。一度キメたら脳が求める。完全にシャブ。滞在中はずっとー20℃近くだったために、手を大気に暴露させるのが難しくて、写真は全然撮れなかった。すぐ北はもうカナダで、文化圏もカナダに近くて、ラジオもフランス語のチャンネルもあったりするらしくて、寒いのは仕方ないよなあ。そもそもvermont自体がフランス語でvert(緑の)+mont(山)なんだとか。フランス語は知らんのでわからん。ずっとこんなに寒いわけじゃなくて、ウィンターストーム?とかいうの?ふくしの?がっこう?かよってるんですけど?みたいなのが来てる時期だったらしい。これが来ると気温が10~20℃下がるんだとか。とにかくこことボストンに滞在してる間は寒くてヤバかった。バーリントンに住む友人を訪ねた。まずニューヨークからボストンにアムトラックという新幹線で一回行って、そこまで迎えに来てもらった。アムトラックは車窓が結構良いのと車掌が冗談ばっかりずっと言っててヤバい。「ネクストストップ、マイアミビーチ」とか嘘ばかり言ってる。本当はもっと冗談言ってたみたいなんだけど、あんまり聞き取れなかった。客も「イエア」とか乗ってて、この乗り物は常に快適で結構おすすめ。食堂車で買ったベーグルがめちゃうまだった。写真は車窓から。まさに世界の車窓からじゃん!ツイッターで「アメリカの新幹線、発車の10分前にホームが発表されて、その時間以内にかなりの数のホームから正確にたどり着かないといけなくて、難易度が高すぎる。緊張する。」ってメモしたんだけど、これどうもセキュリティの面かららしい。大変です。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160212215612j:plain

バーリントンは、今大統領選挙をやってるんだけど、そのサンダース氏というのの出身の?町?市長を?やっていた?らしくて、友人が言うには、結構熱が入っててウルサイみたいなことを言ってたんだけど、滞在中は本当に寒くて誰も出歩いてなかったから、そういうのは見られなかった。詩人とか芸術家の人が多く出てる州らしくて、もともとヒッピーの人たちが移り住んだりしたとかいう背景があるらしくて、寒さがなければなかなか住み良い町っぽかった。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160215031121j:plain

スキーに連れてってもらった。この日は友達と、その友達と3人で動いて超楽しかった。バーモントのスキーは有名で、俺はスキーが実は結構うまいのは全然知られていないんだけど、とにかくスキーするにはすごく良い土地だった。ちょっと風が吹くとドンドン雪が舞い上がっちゃうぐらいのパウダースノー。靴下を重ね履きし忘れて遊んでたから、右足の小指が今でも感覚おかしい。スマグラーなんとかとかいう名前のスキー場に行ったけど、めちゃくちゃエリアが広くて、朝早くから15時ぐらいまでやってたんだけど、5回ぐらいしかリフトに乗らないですむぐらい広かった。十分広いので、人とぶつかる心配もなくて、けっこう安全。ただ、日本だと滑った後は大風呂に入ったりしてあったまれるんだけど、海外だからそんなのなくて、ひたすら寒い寒い言いながら頑張って帰るしかなかったんだけど、一番頑張ったのは車を運転してくれた友達なんだけど、途中でダンキンドーナツによってココア買ったりして皆で頑張った。徒歩圏内にもめちゃくちゃ酒蔵があるので、帰ってきて夜になってー30℃とかまで気温下がってる中で飲みに出たんだけど、寒すぎて2件であきらめた。バスツアーで酒蔵巡りしてる人らもめっちゃいた。f:id:kokkaikiseidoumei:20160213183412j:plainこれで$5。いいものがウマくて安くて本当に幸せな土地ですね。

 

ボストン。ハーバード、MITが地下鉄で2駅で、その付近は石投げたらヤバい奴に当たりそう。中華街がある。中華がやたらにうまい。ぷりぷりのエビシューマイがたまらねえぜ。あとめちゃくちゃ寒い。全然出歩いてない。ボストン美術館レッドソックスのフェイウェンパークと中華街しか行ってない。中華街にはわざわざ行ったわけではなくて、中華街の中の宿をとってた。だから食事事情はすこぶる良かった。野球はシーズンオフで、めちゃくちゃ人がいなくて、スタジアム付近はお店すら開いてなくて、行く価値は全くなかった。ボストン美術館も所蔵品は多いはずなんだけど、展示品はめっちゃくちゃ多いってわけでもなくて、わりと一日で見終わった。エジプトコーナーのこの人たち、ビートルズっぽかった。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160215134431j:plain

街中で高知の日曜市みたいなのがやってて、果物がめちゃくちゃ安い。リンゴ5個で$2とかで売ってたりした。いい。すごく住みやすい土地に違いない。あと、友人がボストンで超有名店らしいんだけど、mike's pastryというお店のカンノーリというお菓子を買ってくれた。このカンノーリというお菓子自体を初めて食べたけど、すごくうまかった。ゴッドファーザーとかでも出てくるイタリアのメジャーお菓子らしい。このお店、あんま日本語の情報で出てこないので、マジでローカル情報だからせっかくなので覚えておいてほしい。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160216040854j:plain

あと、ボストンの夢を語れはどう?って聞いたら、大食いの学生が安く食べれるラーメン屋はサイコーとか言って行くようなポジションらしくて、要は日本のユメカタと同じっぽい。おいしいラーメンを食いたい奴は山頭火に行くらしい。山頭火いったことないなあ。ボストン、中華屋いっぱいあるし、アメリカの中でも意外と食い物屋に苦労しない土地かも。ユメカタは定休日でやってなかった。代わりに公園とか歩いてたらやたら鳥とかリスがいてよかった。

 

航空券は成田、ニューヨーク、ボストン、成田のオープンジョーチケットで、しかも行き帰りともシカゴ乗りかえが必要なショーもないやつを買ったので、実際安かった。ゴールデンウィーク直後も同じぐらいの底値らしくて、寒くないと思うし、行く前に知りたかった。ユースホステルに泊まったので、宿泊費も抑えてる。ただニューヨークのユース(HI NYC)は部屋が寒いうえに布団は毛布一枚という糞仕様だったので、個人的にお勧めしない。ボストンの(HI BOSTON)はめちゃ良かった。

固有振動数みたいなのが個人個人にあって、それが旅行先の固有振動数と合わないと、打ち消しあっちゃって、振幅が小っちゃくなっちゃって、あんま楽しく感じないこともあるよなあーってニューヨークでは考えてた。逆にショーもなくても気の合うやつと遊びに行くと、増幅されて楽しくなったりもある。

食い物が不味いのは旅行では致命的にテンション下がった。1日3回はテンションが下がるチャンスが来るのはやばい。だからバーモントが一番でボストンもけっこう良かったんだけど、正直やっぱり国内旅行が最高かもなあと悟った。とにかくずっと天気は良くて、良かった。

f:id:kokkaikiseidoumei:20160211234421j:plain