読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行ってよかった2015

2015/12/09 23:47

今年行った観光地のトップ5を行った季節と一緒に示す。最初トップ10とかで書いてたんだけど、そうするとほぼ毎月旅行してるわけで、それで暇人に思われても嫌だなあと思って。本当のことなんだけど。本当のことは嫌なことがいっぱいある。デブの人にデブっていうのは失礼なんだ!今回は5つまで。もうチョイこうしとけばなあ、より良い旅行だったろうなあという反省をメインに書くかもしれない。

5.久里浜海岸、神奈川県、夏

みうら海水浴きっぷを使って行った。海の家の利用(ロッカーとシャワー)、コーラもこの切符についてる。リーズナブル。海水浴場としては、江の島らへんに比べて全然混雑してなくて良い。海の家ではお酒も出してる。グヘヘヘヘ。浜も広いし、ゴミも少ない。駅から海岸までのアクセスも良好。スイカ割りがしたくて、巨大なスイカを地元からヒ~コラヒ~コラ持ってたんだけど、久里浜駅でスイカが大量に、しかも安く売ってた。ショックだった。スイカ割りに必要な棒だけ持ってけば、スイカ割りも手ごろにできたと思う。自分は棒を持ってくの忘れた(スイカが重すぎて余計な荷物を持っていきたくなかったし、そこらへんで棒は落ちてると思っていた)のでスイカ割りはできなかった。帰りには海岸から歩いて行けるマホロバ・マインズ三浦というホテルに行って、日帰り温泉も浴びて帰れる。これが良かった。ウェーイって感じのデブにやたら絡まれた。地元感ある。海水系の温泉だったので、気になる人は最後によく真水で流したほうがいいかも。必要な持ち物は、海パン、タオル、ビニールシート、棒だけでオッケー。

4.四万温泉群馬県、夏

去年も行って、今年は2回目。今年もよかった。完全に一日違いでzekitterも泊まってたらしくて、世の中は狭いなあ。温泉の雰囲気と、内装がとにかく良い。大雨でどこにも散策できなかった。去年行ったときは草津温泉の帰りに立ち寄っただったんだけど、今年は高速バス付きの宿泊プランがあったのでそれにした。宿のおやじさんの独演会みたいなのがあって、それが結構面白かった。湯治のお話とか、草津との関係とか、千と千尋の神隠しのモデルになった場所なんだとか、宿泊客だけがいろいろ聞ける。zekipediaに本当に良くまとまってるし、天気がいい写真もあるし、そっちが最高。

3. 小布施、長野、夏

おぶせと読む。葛飾北斎が最晩年を長く過ごした土地ということで、北斎館という美術館があって、亡くなる直前に書き上げたという龍の絵だったり、有名な富士山の絵とか、彼のプロデュースのおみこしだったり、なんでもある。本当に飾ってあるもののレベルが高い。また鳳凰の天井画が残されている岩松院という寺がある。この小布施、モノホンが出し惜しまれずにドッカンドッカン飾ってあるので、見応えたっぷりで相当に満足感がある。また、北斎とは別なんだけれど下の写真の浄光寺がマジでよかった。ここの薬師堂が国の重要文化財らしいんだけど、参道からなにから滅茶苦茶綺麗にしてある。熊野古道みたいな雰囲気が凄い。ここは地元の観光案内所で一番オススメされたんだけど、個人的にも一番オススメ。スラックラインという珍しいスポーツもやらせてもらえた。綱わたりしながらトリックを決めるようなスポーツ。これも結構面白かった。栗の名産地で、お金があればオイシイ栗がいっぱい食べれる。お金がなかったので栗アイスを食べた。ウマイ!!行きも帰りも北陸新幹線で行った。リッチ!!来年もっかい行きたい。

2.北温泉、栃木、冬

日本の原風景のような景色で、美しい。雪深い谷に、この温泉宿しかない。後ろに砂防ダムが景観を損ねてたまにキズ。夜は谷に強く風が吹き込んできて、宿が轟音に揺れる。テルマエロマエに出ていることで有名らしい。都内から那須塩原まで高速バス、そこからタクシーを呼んでアクセス。雪深過ぎて自家用車とかレンタカーだと怖いかも。地元のタクシーの人でもスリップしてた。ここには有名な、天狗の巨大なお面があるお風呂がある。どこも無色無臭の温泉。真冬だが気合を入れて、外にある巨大なプール風呂にも入った。めちゃくちゃ冷たくて全然お湯じゃなかったけど、つめてー!とか大声出して、なんだかんだ楽しかった。飯食ってゴロゴロして風呂入って昼寝して、最高の体験だった。地元の人の温泉客と話してたら「俺栃木の温泉全部回ったけど、この温泉の冬がね、最高。あとー、ね、ここらへんだと那須塩原の鹿温泉も良いよ!ただね、硫黄のにおいが強くてね、服ダメにしちゃうから。困るでしょ。でもね、鹿温泉は源泉をいろんな宿にわけててね、近くにシャワーがある日帰り温泉があってさ、宿なんだけど、そこにしときなよ。シャワーで流して帰れば臭いも大丈夫だから。」って教えてもらった。帰りにその宿を探したんだけど見つからなくてシャワーがない鹿温泉に寄った。たしかに過激な硫黄臭の温泉で、1週間マジで体から硫黄のにおいが取れなかった。ただし、めちゃくちゃ気持ちがいい温泉。アヘ~ってなる。温泉出てバス待ってる間ふらふら歩いてたら件の宿を見つけた。この時着てたヒートテックから臭い取れなくなって結局捨てた。帰りのバス、マジで俺の硫黄のにおいが充満してしまって、本当に申し訳なかった。アァ~^温泉に行きてえぜ。

1.熊野神社、和歌山、初夏

熊野三山+神倉神社にぜんぶ行ってきた。滅茶苦茶良かった…。それしかいうことがない。ご朱印帳は必携。今度はたっぷり時間かけて縦走したいかも。浮島の森というのもよかった。あとは紀伊勝浦のホテル浦島が凄かった。ホテル浦島へ日帰り温泉を浴びに行ったんだけど、ここはホテルというより巨大温泉施設。バブル的な雰囲気がギンギンの施設でおもろい。忘帰洞にはじまる温泉施設のレベルはマジで高い。一回泊まる必要がある。勝浦は、飯は滅茶苦茶うまくて、マグロにはじまりイルカとクジラの寿司が食えた。食い物はうまいし、温泉は良いし、ほんとうにグッドだった。紀伊勝浦には関西からは湯快リゾートのバスツアーで行くのが一番安いらしい。最近聞いた。和歌山はどこに行っても温泉があって、夏なら風呂行って、そこら辺で野宿しまくったら最高そう。紀伊勝浦で和歌山の温泉では「夏に行く川湯温泉」が一番良いって教えてもらった。川湯温泉って、川岸掘ると温泉が湧いてくるらしい。川で遊んで冷えたら温泉に入って、お腹すいたらバーベキューするんだとか。想像するだけで最高そう。熊野旅行では、全部バスで移動したので、山道運転とかしないでよくて、それはそれで結構楽だったんだけど、時間の縛りがひどかった。レンタカーにして、紀伊勝浦で借りて白浜で乗り捨てたりしたら、フレキシブルに動けてそっちのほうがよかった気がするなあという感じ。人数多かったらバスより安いし、絶対レンタカーが良かったと思う。あとは速玉神社の近にあった古民家みたいなドミトリー素敵だったなあ、あそこに泊まってみたいなあ。

まとめ

紀伊勝浦のことばっかり書いてしまったが、熊野は想像を超えてマジでよかった…。小布施以外温泉に行ってる。温泉は最高。最近つげ義春鉱泉の本を読んで、鉱泉にも行ってみたいなあ。来年はどこに行こうかしら。金沢と秋田は行きたいなあ。