サンダーキャット、パリにて

2015/11/18 16:43

FacebookのThe bruner brothers に書き込まれていたページと、そのリンクhttp://www.electronicbeats.net/feed/thundercat-record-paris-tribute/

の翻訳です。

13日夜、Stephen (Thundercat)はパリにいた。翌日、イーグルオブデスメタルのライブの次の日に、バタクランでの演奏を控えていた。撮影の仕事の合間、レストランで食事中だった。銃撃が聞こえ、タクシーに飛び込んだ。

暴力に何を思ったのか…

言葉にならない悲劇がパリを襲った。Brainfeederのサンダーキャットは目撃した。事件後、同じレーベルに所属するMono/Poly と共に、この短く、忘れがたいメロディーを作り上げた。

「言葉で表現できない、そういう時もある。言葉にならない時には、音楽がある。ジャズが、音楽のなかで、一番スピリチュアルなんだ。このサンダーキャット、あまりに多くの死に囲まれている。夭折した大切な友人、Austin Peraltaもその中にいる。彼の素晴らしい音楽には、今も、彼の存在そのものが、ヴェールのように覆い被さっている。

このトリビュート"Paris"も似たような感じだ。Mono/Polyと作り上げた。シンプルで、美しく。去って行ってしまった人たちへの葬送曲を、ベースギターとバッキングヴォーカルで奏でている。悲劇は、常に私達を取り巻いている。それを思い出させるような、大きな事件と普段の出来事。生者だけが作り出せる強さと創造性。彼らが次の世界へと導かれるように祈っている。」

私達の思いは、フランスの人々とともにある。

https://soundcloud.com/brainfeeder/thundercat-paris