ツタヤ図書館(海老名市中央図書館)

2015/11/04 00:52

海老名にららぽーとができたというのでついでに行った。初めて海老名にいったけど、うちからは遠かった。先週アド街で海老名だったらしい。ららぽーとの混雑がマジでヤバかった。正月かと思った。すぐ退散した。図書館は結構よかった。快適だった。文化の日に図書館とは、俺は本当に文化人だ。快適に快適だったので、近所の図書館もこうならねえかなあと思ったけど、近所の図書館だって、それはそれで味があるので、やはりハイカラでキャッキャウフフになったら寂しい。泣いちゃう。でもそこまで悪くはなかったよ。郷土資料を捨てたりとかはNGだと思うけど(登録が面倒だったんだろうけど)。以下は感想なので、詳しいスペックはここが詳細に書いてあった(http://news.mynavi.jp/news/2015/10/01/284/)。

建物が良くできてる。本屋っぽいので、あんまり静かにしなくてよくて、話しながら本を選んだりしてる人がいたりしてわりと良い。ちょっと読むだけのイスがいっぱいある。じゃあ静かじゃねえし机もなけりゃ勉強できねえじゃねえか、ってこともなくて奥まってて静かになってるところに広めに勉強スペースがある。近くには利用者が少なそうな分厚い語学書の書架があるぐらい。テラス席とかがあって、相談しながら勉強してた高校生もいた。テラスな訳だからペチャクチャおしゃべりしてるだけの人もいっぱいいる。スペース利用に、ちょっと読むだけ、がっつり勉強、テラスでだらだら、本も読まずにペチャクチャおしゃべり、という選択肢があるのが良い。更に、子供は騒いでもいいように、子供向けの書籍、紙芝居とか絵本とかは完全にまとめた別フロアがあって、ギャーギャー騒ぎながら本を読めるようにもなってた。汽車の遊具まである。1階だけが本当に本屋で、文房具と書籍の販売をしてる。ここで本を見てたら京都旅行のコーナーになぜかトレッキングの本が分類されてた。分類が下手みたいな噂を聞いたけど、そもそもツタヤの使ってる書籍のソレがそんなに精度がよくないんかも。分類については書架を見てみたけど、そもそも本棚をずらっと見て、本を手に取ってから読むか読まないか考えるし、大まかにわかればいいぐらいで、これぐらいでも良いんじゃねえかなあと思った。どうしても読みたい本はタイトルから探して予約するしね。

本を借りたりしやすい。誰でも利用者になれる。広域利用とかそういうのじゃなくて、身分証明書を見せるだけでよい。実際作ってきた。ツタヤカードが海老名市図書館版のツタヤカードに変身した。ちょっとうれしい。この図書カードでも、日本中のツタヤでDVDが借りられる。古いカードのツタヤポイントは消える。ほとんど溜まってなかったのでオッケー。ツタヤカード機能がない図書カードも作れる。ここの図書館はツタヤとおんなじで、郵送返却サービスがある。全国一律送料500円。ちょっと高いかなと思ったけど、10冊まで借りれるから相応かなあ、でも本を10冊もまとめて借りたことないから便利かわからん。市内の人は借りるのも郵送というサービスがある(往復あわせて送料一律1000円)。県外の人も往復郵送を使ってレンタルができるらしい(海老名市図書館HP参照)。地味にすごい。古書をレンタルできるサービスと考えたら、結構すごいのでは。選択肢として覚えておこう。海老名駅前って実は巨大な街で、「ビナウォーク」というスケールのデカいショッピング施設がもともとあって、そこに新しく「ららぽーと」ができたので、働いてる人が相当多いと思う。あと小田急とJRの乗換駅。誰でも利用できるとなると、利用者数が伸びそうな場所な気がする。これもスゲーなと思ったのが、海老名市内であればコンビニとかにも返却ポストがあるらしい。これが一番うらやましい。自分は家から図書館が遠くて自転車で20分ぐらいするので、面倒すぎる。あさって返却日。雨とか降ったらマジで最悪だ。うちの地域は返却ポストが便利なところにコトゴトクなくて、これはマジで改善してほしい。

まとめ。評判聞いててどうなんかなと思ったけど、けっこう良さそうだった。そもそも、公共事業って大体は予算がケチで(税金なので無駄使いが出ないように公務員の人がすごく頑張って計算・調整するので、)利ザヤが少ないんだけど、ツタヤも最初は税金でウメーぜボロいぜやったぜウフフな商売かと思って手を出したら思ったよりカツカツで、利益が目も当てられないことになったってだけな気がする。そりゃ古い在庫を新刊で買わせるなんてすごく悪いことなんだけれど。あとは、分類にかかわるシステムは、各図書館ごとにシステム構築用の予算ってのが十分つくわけじゃなさそうだから、どっかでお金取ってきて、評判がどこまで悪いかって調べるのと、どのレベルまでこれを改善するかとか、あーかわいソめんどくさソー、とか思ったけど、もし改良できたら図書館だけじゃなくてツタヤの本屋にも使えるわけだし、これだってそこまで悪い仕事じゃないよね。良いものもある、だけど悪いものもある。