読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

耳なし芳一 地獄のデス・ボーシ 第一話

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、負けるな一茶ココニアリ!!時は300X年。彼は芳一、目が見えぬ、愛など知らぬ。ボロボロの袈裟を腰まで羽織り、上半身には浅黒い筋肉を露出させている。頭はもちろんスキンで、首には拳ほどはあろうかという金属の数珠、略して金珠を従えた琵琶法師である。かおにも耳鼻口、全てにピアスをたくわえ、三猿のタトゥーを背中に刻む。琵琶と言ってもメタル仕様、アンプラグドとは訳違い、メタラーが一周回ってマトモになるほどのブッ飛んだシステムで来る日も来る日もヘーゲル物語を掻き鳴らし、ギターをキャンキャンに泣かせ、寺院の草木を朝露に湿らせているているのだ。

 

2015/07/19 14:58