読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/25 塹壕は暮らす場所ではない

午前はミーティングに出て(遅刻)、昼間はカレーを何の気なしに食ったら、午後からエラい眠い。何をしようにも眠くて眠くて、あんまり埒があかないので、外に出て散歩を。と思ったら気候が良くて、もうとてつもなく眠くて、公園まで行ってベンチに座って、船こいだ。首をグルグルしながら、アー、とか、エー、とか言おうかと思ったけど、そういう人の目が厳しくなるようなのは全部じっと我慢して腕組んで下向いてグッと岩のように構えた。それに力を注ぐのに精一杯で、もう何にもさっぱり。カスカス&カスで、本当にどうしようもないから論文読もうと思ったけど、本ちょっと読んでたら集中しすぎて1冊読み終えて1日が終わってしまった。アー、とか、エーとか、今は家に帰ってきて言ってるけど、心温まる平和の象徴であるリビングルームでそーいうことをしても家族の不安を招くだけでしょーがないので(親しき中にもなんとやら)、トイレでそんな感じで少し過ごす。アーをしても一人。夕飯の時も腹がきつかった。ナンの腹持ちはすごい。

Procrastination(英):するべき行動を遅らせることで事態が悪くなると予想される場合ですら、合理的理由無く意図して遅らせる態度、振る舞いのこと。

船をこぐ、と言えば、南海トラフのトラフって、舟状海盆って意味。じゃあ日本海溝はなんで海溝っていうのかと言えば、海溝はもっと鋭い亀裂みたいな、裂け目みたいな。とにかく地獄の底みたいに一度落ちたら上がってこれなそうのが海溝。英語ではトレンチと言って、トレンチコートのトレンチと一緒。塹壕って意味。トラフはもっと船底みたいな、底のところがちょっと緩やかな斜面だったり平だったりする、いざとなれば暮らせそうな感じ。VとUみたいな関係。どちらもモノの形を指す用語であって、その成因はまた別問題。船に暮らすことがあっても、塹壕は暮らす場所ではない。

 


冷たいギフト ゆらゆら帝国

直近の話 2017/4/23

西遊記もいよいよ佳境で色んなことが明らかになってくる、頭を縛る金のタガは旅中の孫悟空に不可欠なアイテムであったということや、西遊記そのものが構造として緻密に書かれており第55回を挟んで同じモチーフの話がシンメトリーで配置されていること。そういう色んなことだ。シンメトリーが明らかになったおかげで、すでに読んだ話が、デジャブのように繰り返されていく。これは最初のほうであったな、などの感想を抱けば、物語の終盤が近づいてきていることを意識させられる作りになっていて、要するにカウントダウンのような盛り上がりを感じさせてくれる。残り2巻。

桜の季節もそろそろ終わりで、花が散って、実が散って、足元に散ったそれらを見ていると秋の落葉とどっちが掃除が大変なのかしらん、と思う。風に散る散る、風に散る。掃除人のみぞ知る。最近また写真をあまり撮っていない。めんどくさくなった。桜だって、今の季節にしか、と思えば撮らないといけない。なんだか忙しい気持ちで見に行って、花を愛でてるんだか、写真撮ってるんだか、季節を急いで感じてるんだか、よくわからん。本末転倒、ということで止めた。小さなカメラを持ち歩いているけど、これからは食べ物とかの写真撮ろうかな。俺も女子力あげてこうかしら。恋せよ乙女。サクラさ~ん。

割合、忙しく書類を書いている。これがなかなか進まない。どうにかならんもんか。書類は、将来というより、1年または2年先の研究を充実させるようなための書類だ。去年は運よく3つ出した書類のうち2つが当たったので、今年は自分の研究に自由に使える予算が少しあるし、年末にはプロジェクトに参加することもできる。どちらも本当にありがたい話だ。でも1番当たってほしいのは落ちてしまった。なので生活はこれから1年、確実に全然良くならない。貧乏は続く。将来が不安で寝れないことがある。一生そういう気がしてきた。ハゲて来たかと思ってつむじをスマホで撮ったら、ただの寝ぐせだった。恐ろしい話だ。

先日、近くの鎌倉に行って、寺に行って、プラプラしていたら和尚さんがなにやら説教していたので少し聞いた。長く生き、今不自由なく生きてる喜びを感ぜよ、観自在、みたいな話。結局、持ってる人らが失う不安を解消するような内容で、フーンって、そーいう感じ。今、そういえばアメリカでハゲのことをbaldと呼ぶのは失礼、「頭髪に不自由な人」と表現しましょう、という話を聞いたことがある。頭髪からすれば、持ってる人であり、失う不安は確かにあるな、という理解の気持ちも湧いた。でも、貧乏な上にハゲたらシャレにならん。

西遊記の中で、孫悟空が苦労しすぎて頭がおかしくなる話あがる。大鵬(巨大な鳥)の妖怪のせいであまりにひどい状況に陥って、如来のところへ愚痴を言いに行く。そんなにありがたいお経だったら、我々に苦労して取りに来させずに、あなたが唐へ降臨して直々に伝えたほうがよっぽどありがたいと人々に思われるし、結果的には子々孫々に伝わるに決まっている!と抗議をする。もっとも過ぎて笑えるんだけどこの後さらに、「しょうがないにゃあ・・」って悟空の手伝いに地上に降臨した如来も、頭を敵に爪で掴まれて血だらけになるので、もっかい笑える。

最近、T2(スパッドとベグビーの良さ)、レゴバットマン(皆で帰ってきた時のただいま!の良さ)、夜は短し歩けよ乙女を見た。ゴリランドことキングコングは、ブルク13に行ったら満員だったのでまだ見てない(攻殻機動隊のメスゴリラを指す訳ではない)。夜は短し歩けよ乙女についてだけ少し多く書く。良い映画だった。俺の青春だよ、っていうのはH2の第1話のタイトルなんだけど、人生の比較的密度の大きな時間を過ごした京都。見て、いろんなことを思い出し、また見ていた。終盤、李白さんの家でゴンドラの歌が流れたシーンのあと、そのまま暗転、乙女はいきなり先輩の家にいてほしかった。一番印象的だったのは、最後に出てくる背景。そこに在るべきレブン書房は無く、在ったのは王将だった。京都は遠くなりにけり。全く個人的な体験として、しみじみとして笑った。

なんにせよ、過ごしやすい良い季節だ。

f:id:kokkaikiseidoumei:20170423201826p:plain

読書記録 3月

なんか今の時期あおーんって感じ。音楽メーターはサービス終了ということで、今までありがとうな。ウェルベックの地図と領土、とっても面白かったのでお勧めです。あとボルヘスのエルアレフ、翻訳によってはアレフとも言うけど、は最初の不死の話がとても面白いのでお勧めです。F4Uはいつも私のオニンニンをインマヌエルしてくれて素敵です。西遊記、けっこうドラゴンボールだ(逆)。

 

 

3月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:2416ナイス数:1エル・アレフ (平凡社ライブラリー)エル・アレフ (平凡社ライブラリー)読了日:03月30日 著者:ホルヘ・ルイス ボルヘス
修学旅行99日目 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)修学旅行99日目 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)読了日:03月21日 著者:F4U
闘争領域の拡大闘争領域の拡大感想大江健三郎の我らの狂気を救うすべを教えよを思い出した。地図と領土より荒削りな分、難解。ティスラントのやりとりが秀逸で、後はちょっと興奮度が低い。読了日:03月17日 著者:ミシェル ウエルベック
西遊記〈6〉 (岩波文庫)西遊記〈6〉 (岩波文庫)読了日:03月17日 著者:
地図と領土 (ちくま文庫)地図と領土 (ちくま文庫)読了日:03月10日 著者:ミシェル ウエルベック
ユリシーズ〈4〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)ユリシーズ〈4〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)読了日:03月07日 著者:ジェイムズ・ジョイス
砂の本 (集英社文庫)砂の本 (集英社文庫)読了日:03月07日 著者:ホルヘ・ルイス ボルヘス
読書メーター

髪の毛

髪の毛の長さどれぐらいにしますか?

結構長いので、適当に短くしてもらえればいいんですけど。半分ぐらい?にバッサリしてもらえれば。

え?半分?半分って何ですか?

え?

え?

え、半分って、え?半分?長さを1とした時の0.5ぐらいですかね…。

いや、そうじゃなくて、どこを半分にするんですか?

え?

え?

え、長さの基準ってことですか?

それじゃあ刈り上げますね。

え?(いきなり)刈り上げるんですか?

え?

え?刈り上げないんですか?

え?あ?えぇ?横はじゃあ刈り上げる感じでいいです。

え?上は刈り上げないんですか?

え?上も刈り上げるんですか?

え?半分?ですよね?

え、ちょっと待ってください。半分?はやめてもらって、2cmぐらい切ってくれれば良いです、全体で。

え、そしたら刈り上げないんですか?

あ、横は刈り上げてもらっていいですか。

はい、刈り上げて、上は2cmぐらい切りますね。

はい、お願いします。

あ、もみあげはどのぐらいにしますか?

もみあげは長さそのままでいいです。

え、もみあげは刈り上げないんですか?

いや、もみあげも刈り上げてください。えーと、毛の長さは短くしてください。もみあげそのものは短くしないでください。

あ、もみあげは切らないでいいんですね。

いや、刈ってくださいね。もみあげも。

上以外は刈り上げちゃっていいってことですね。もみあげも刈り上げますけど、短くはしませんからね。

それでお願いします。

じゃあまずもみあげから行きますね。

お願いしますね(不安だ…)

2月 読書記録

なんかすげー忙しくて、気が付いたら2月が終わっていた。

もうちょっと時間を大事にしなければ、と反省を今月はしている。

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:786ページ
ナイス数:3ナイス

西遊記〈5〉 (岩波文庫)西遊記〈5〉 (岩波文庫)
読了日:2月13日 著者:
西遊記〈4〉 (岩波文庫)西遊記〈4〉 (岩波文庫)
読了日:2月11日 著者:

読書メーター

読書記録 1月

1月の前半は忙しかった。

中国文学における孤独感は、漢詩の味わい方を魅力たっぷりに解説してくれている。この中で出てきた「群れをはぐれた雁の鳴き声」という比喩があり、これは孤独の象徴としてしばしば使われると記述があった。西遊記4巻を読んでいたら、三蔵法師が都を思い出し、雁のような孤独を…という表現が出てきて、なるほどなあって思った。

 

 

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:626ページ
ナイス数:0ナイス

ポーランドのボクサー (エクス・リブリス)ポーランドのボクサー (エクス・リブリス)感想
だんだん読んでると島田正彦みたいな感じ。セックスを書くのが好きなんだと思うんだけど、セックスが出てこない話のほうが良く書かれている気がしたし、好みだった。 本を通して、マーク・トウェインをトウェイン氏と形容する老人と話をするところが一番良かったと思う。ミランは何度も出てくる人物なんだけど、バーでクラシックをもうやりたくない、と告白するところと、それに至るまでの流れが一番良かったかも。(ジプシーとはほぼ遠い、聖書的なものを感じさせる場面だった)。絵葉書と、彼の追跡はちょっと蛇足に感じた。
読了日:1月31日 著者:エドゥアルド・ハルフォン
中国文学における孤独感 (岩波文庫)中国文学における孤独感 (岩波文庫)
読了日:1月25日 著者:斯波六郎

読書メーター

ドラゴン 退職への道

前にどっかのアドベントカレンダーでーーーが糞だからやめたったぞ!というエントリを読んだけど同様にして自分もそういう職種で働いていたことがあって、やっぱりーーーで働いてはいけないよなあと思った。

会社(民間)辞めるのが大変だった話だけする。3回戦あった。

 

1.今は昔。過労で体調崩した。休職手続きのため、会社が指定した健康管理?臨床心理士?の人と面談に行ったら、やたらヨガを勧めてきて、診断書を受け取らないし、面倒だった。ここヨガマットあるんだけど、やってかない?みたいな感じで。ビックリした。あなたの不調はまずヨガで治療してみない?みたいな。病院行ってるっての。診断書見せたでしょ。後ろにはヨガマットに加えてフラフープが用意されてあった。結局ヨガの呼吸法をやった。やらんと帰れなそうだったからだ。でも実際やり始めたら「右手が重い右手が重い…」みたいな呪文系が多くてテンション上がった。診断書は「まだその日じゃない」みたいなこと言って最後まで受け取ってくれなかった。内容証明みたいなので送りつけた。

この人が最高で、「みんなこんなけ働いてて過労死とかしてる人いないんですか」って聞いたら「O年前、出向社員が死んでるし、長く働いた人は定年退職してすぐに死ぬ人が多いのヨ、OO支店のOOさん(知らない人)も退職直前だったでショ」というドープな情報をもらうことができたので、すぐ退職手続きのステップに移ることができた。感謝。

2.次に、上司に退職届けを渡そうとしたら、後日に親を合わせてた三者面談が必要、とか言い出して、バカな、ということで実際はしなかったんだけどそれを断るネゴをしてたら、みんな頑張ってる、働けば体力がつくから体調も良くなる、みたいな話をしだしたりしてサッパリ埒が明かなかったので、その日は帰った。退職届けも内容証明みたいなので送り付けた。

3.それから退職できても、次は健康保険の退会ができなくて、書類ができてないだのなんだの言ってて困り果てた。新しく加入する予定だった別の健康保険組合に相談の電話をしたら、強く言ってくれて、書類寄こしてきてようやく退会ができた。これは辞めてから1か月以上かかった。2か月かかったかも。治療中だったので、健康保険に入らないわけにはいかなくて、そのゴタゴタの間は、健康保険のお金を会社に払う必要があって、少ない貯金をさらに巻き上げられた。退職日と健康保険の退会した月がずれるなんてありえない、みたいなのをそのあと労基で言われて、クッソーってなった。

 

お世話になった病院の先生が労働法やら手続き関係にすごく強くて、体調も含めてほとんど病院で相談できたのがすごく助かった。渡りに船。でも結局全部が収束するのに2、3か月がかかった。マジで。

こういうわけでーーーは辞めるのも大変、という話だった。

でもまだ働かれている方々がいて、それぞれ個人的な体験があったりして、それは日本に住む限り水害・地震などから逃れて生きていくことは困難であるし、そういうときのため、またそういうとき助かった自分や貴方、亡くなった家族や友人というのがいたりするわけで(地震に限定しても自分が生れて今日までの間に、まさに今日追悼が行われた阪神だけでなく、新潟中越であり、東北地方太平洋沖であり、熊本であり)、そういう体験から、やっぱり自分がそういうあれをあれするんだ、という強いプライドというか矜持を持たれている人が何人かいて、そうじゃなきゃ家族もいるのにそれを犠牲にして其処らじゅうで残業200時間オーバーもせんよなあと思うんだけど、そういう人らを食い物にしてるなんて最低だナって思った。

でも、新人は結婚してなくてお金も自由に使えるはずだからっていう謎のアレで、飲み会で常に新人に多めに払わせるシステムを採用して、新人だから断るなよって飲み会の連絡入れてくる上に、飲んでる間ずっと説教してくるのは糞カス糞カス糞カス糞ゴミ糞でした。